まくろのブログ

97年生まれの大学生。 日々起こったことを忘れないように記事にして残しています。

ベトナムのタクシー移動はGrab(グラブ)で!メリットと使い方まとめ

 

どうも。メディア立ち上げを計画中です。まくろ(@makuroblog)です。 

 

最近ベトナムの認知が世界的に急上昇中ですが、現地の交通事情に不安を抱える人も少なくありません。

 

以下の記事でも書きましたが、東南アジアでのトラブルの多くにタクシーやバスが絡んでいます。

【1年滞在】ベトナムの治安と注意すべき4つのこと

 

ベトナム観光はタクシーが主流です。

そしてGrabというタクシーアプリが広く使われています。

 

今回は、観光客におすすめのタクシーアプリ"Grab"のメリットや使い方を紹介します。

 

Grabとは?

f:id:makurokun:20180621152407p:plain

ベトナムでは公共機関としてバスが運行していますが、英語不対応で利用が難しいことから現地人しか使っていません。

そのため、観光中の移動はタクシーに乗る必要があるんです。

 

しかし、タクシー関連のトラブルは現在でもゼロではありません。

 

そこでオススメしたいのがGrabです。

Grabはマレーシア発の配車サービスアプリで、主にマレーシアやシンガポールなどの東南アジア諸国で使用されています。

 

※注意

ベトナムでは「Grab」の他に「Uber」という配車サービスアプリも普及していました。しかし、2018年の3月にGrabがUberを買収したため、ベトナムでは現在Grabが圧倒的なシェアをほこっています。

 

 

Grabをおすすめする3つの理由

f:id:makurokun:20180621152624j:plain

①トラブルに遭遇する可能性が低い

Grabには乗車後にドライバーを星で評価することができます。

その評価数を乗車前にチャックすることができるので、信用できるドライバーかどうかを判断できます。

 

ドライバーもたくさんの良い評価が欲しいので必然的に普通のタクシーよりもトラブルに遭遇する可能性が圧倒的に低くなります。一年住んでいた僕も被害にあったことはありません。

 

②バイク便がある

ハノイの移動手段ではタクシーが一般的ですが、より現地の雰囲気を味わいたい方におすすめなのがバイクタクシーの利用です。

 

以前は公式のバイクタクシーは存在せず、金額の交渉が必須でしたがGrabの登場で誰でも利用可能になりました。

メディアでもよく目にするベトナムの交通事情を肌で感じることができるのは最高です。

 

③言語の心配がない。

ベトナム人ドライバーのほとんどが英語が喋れません。

 

そのため安全なタクシーを利用しても目的地を伝えるのに一苦労...なんてことが頻繁にありました。

Grabは事前にアプロを通じて目的地を設定した上で乗車するので、苦労して目的地を伝える必要がありません

また、料金もあらかじめ設定されているので、不当な価格を要求されることもありません

 

 

Grab登録から使い方までの手順

①Grabをダウンロード→登録

f:id:makurokun:20180621150824p:plain

まずはGrabのアカウント登録をしましょう。

登録方法はFacebookのアカウントを用いた方法やGoogleメールを用いた方法があります。

Facebookでの登録が現地の電話番号も必要ないので、おすすめです。

 

②目的地を入力

f:id:makurokun:20180621150823p:plain

登録が完了したら、さっそくタクシーを手配です。

まずは、迎えに来てほしい場所の住所や建物名を入力あるいは選択しましょう。

その後、車のタイプを選択し、値段を確認した後に配車を確定しましょう。

 

※補足

Grabというボタンを押すとクレジットカードの情報を入力することができます。これをしておくと、乗車後に支払いの手間がなくなります。

  

③マッチング→乗車

f:id:makurokun:20180621150816p:plain

その後、近くに停車しているドライバーとのマッチングが始まります。

マッチングが成功したら、ドライバーの情報や到着時間が表示されます。

 

Grabではドライバーからベトナム語で電話がかかってくる場合がよくあります。大抵は「もうすぐ着くよ」「あと◯分で着くよ」という内容のものです。ベトナム語が聞き取れない場合は「I can not speak Vietnamese 」と伝えれば、大抵のドライバーが理解してくれます。

 

アプリに目的地の情報を入力しているので、Grabの運転手は行き先地を把握しています。しかし、大抵の運転手は念のために行き先地をもう一度尋ねてきます。ベトナム語が話せない方は、指差しなどで伝えられるように「観光マップ」や「携帯の地図画面」をあらかじめ用意しておきましょう。

 

④支払い

目的地についたら事前に決められていた料金を支払ってください。

 

クレジットカードを登録していれば、ドライバーにお礼を告げて降車して大丈夫です。

タクシーから降りる際にベトナム語で「ありがとう」という意味の「cảm ơn (カム オン)」と伝えてあげましょう。

 

 

最後に

最初から最後までベトナム観光を楽しむためには、事前の情報収集がすべてです。

 

ぜひ、参考にしてみてください。